ホワイトニングの研磨剤なしはどれだろう

ホワイトニングの研磨剤なしはどれだろう

歯の黄ばみが気になっているという場合、歯科医院でホワイトニングを受けると良いでしょう。ホワイトニングというのはとても効果の高い施術なのですが、かなりのお金と時間がかかってしまいます。そのため確実に効果を出して長持ちさせたいものでしょう。ホワイトニングの施術中には食事に気を付ける必要があります。どういった食品に気を付けたら良いのかということですが、施術中には着色しやすいものを避けるようにしましょう。コーヒーやお茶、カレー、ケチャップ、醤油、ソース、キムチなど色の濃いものや赤ワインやブルーベリーなどポリフェノールの多いもの、酸味の強い食品などは避けた方が無難です。特にホワイトニングを行ってから24時間は歯が着色しやすい状態であり、食べるものには気を付ける必要があります。普段はたんぱく質の膜が歯の表面を保護しているのですが、ホワイトニングを行うとその膜が一時的に消失してしまうということです。また、24時間だけでなくホワイトニングの施術中にはずっと気を付けた方が良いでしょう。着色しやすい食べ物を毎日摂取しているという場合、歯の表面に着色物が少しずつ積み重なり、漂白した歯がくすんで見えてしまうこともあります。歯の表面を覆っている膜は着色物を吸収しやすいですし、汚れが積み重なると普通の歯磨きでは落とせなくなってしまうのです。そのためホワイトニングを受けたいという場合、施術中はずっと食べ物に気を付けましょう。